変わったもの

何が変わったのか。このまえ、20年ぶりくらいの知人に会って、懐かしい話をしていた。そして、結局、インドには行ったのか?と聞かれた。 そう、その知人とは、学生時代の終わり、ちょうど僕がインド旅行へ行く前ぐらいから、連絡をとらなくなっていたらし…

花粉症の薬がキマってしまった

ちょっと前に、花粉症の薬を睡眠剤として使うと書いたが。その顛末を短く書く。おれは飲んだ。寝るちょっと前まで引っ張って、花粉症の薬を飲んだ。副作用に期待してだ。眠くなる可能性があります、という注意書きに賭けた。結果は…。 睡眠薬のつもりが、不…

集団的自衛権で思ったこと

集団的自衛権について、僕の中に不思議な感覚があるのはわかっていた。それは、どっちの気持ちにもなる、という現象だ。 まず、基本的に、ぼくは、集団的自衛権に反対の立場のつもりだ。国を守るには個別的自衛権で十分だし、中東の石油ルートを守ることが、…

花粉症の薬をもらいにいった話

僕はなるべく薬を飲みたくないと思っている。でも、目が猛烈に痒い日が数ヶ月続いて、このままでは目が壊れてしまう。こすり過ぎてキズキズになってしまう。そういう諦めから、ついに病院へ行った。花粉症で病院に行くのは実に10年ぶりくらいだろう。昔はい…

図書館に行ってみたら閉まっていた話

久しぶりに図書館への道を歩いてみた。というか、図書館へ仕事をしに出かけた。いつも出かける前はおっくうだ。でも、天気に悪い気がして、出かけてみた。やっぱりいい天気だった。困るなあ、という気分になる。こんなに天気がいいなら、山とか海とかに出か…

手に入らないという自由

それさえ手に入れば、それさえ手に入れば生きていけるのに、満たされるのに、というものが誰にでもあるだろう。 ある人にとって、それは誰かからのある言葉であることもあるだろう。言葉とはもちろん、心からの言葉でなければならず、つまりは態度だろう。態…

4月になったのか

4月という月はやはり、好きな月だ。春がやっぱり好きなんだ。 昨日と寸分たがわぬ同じ生活をしているのだが、どことなく気分が晴れていく感じが強まる気がする。 やはり冬は、身も心も縮こまる傾向があるのだろう。動くのがおっくうになって困る。 春は、逆…

OS X MavericksとChromeでe-taxに成功(したっぽい)

ここ一週間ほど、確定申告で四苦八苦していました。 そもそも会計がよくわからん+e-taxに挑戦、の二重苦だったのです。 で、Macでのe-taxにかなり苦戦したので、同じ状況の人に役立つかと、Tipsを書いてみます。ただ、始めてのe-taxだったので、本当に成功…

困った

昨日、タロット占いをしてもらった。昔住んでいたゲストハウスに住んでいる、漫画の主人公みたいな男の子に。 最近、感覚がぼやけたようになってきた。 昨日、東京のゲストハウスでタロット占いをしてもらいながら、北海道帰りの友人が買ってきたリンゴのワ…

パスポートが終わる

ふと、パスポートを眺めていたら、重大な事に気づいた。10年パスポートの期限がもう来年に迫っていた。おっと危ない。旅立つまえに更新しておかなくては。有効期限が半年未満のパスポートでは入れない国もいくらかあるのだ。 1ページ目をみると、2006年4月3…

小さな例外

昨夜は、また構造体の夢を見れないかと期待しながら寝床についたが、起き抜けに見ていた夢は、もっと後味の悪いものだった。 ざっというとこんな夢だ。どこかのヤクザ者が死んだ。そしてぼくは、偶然か不可抗力から、その死の原因につながっているようだった…

親知らずを抜いた顛末と、構造体

2週間ほど前に、親知らずを抜いた。右の下顎だ。 注意:以下、痛い記述が続きます。そういうのが嫌いな人は今回はパスしてください。 一ヶ月くらい迷ったあげくに抜いた。知覚過敏が出ていて、その原因が親知らずにあると歯医者さんが言う。たしかに心当たり…

飽き、安心、そして幸福図式

今日、また姪っ子からスカイプがかかってきた。 ほぼ毎日かかってくる。 そのまえに、電話がかかってきて、パソコンでおしゃべりしよう、と誘ってくる。 ノーとは言えない。 だいたい一時間くらいガヤガヤ話す。今実家にいるので、姪からみておばあちゃん、…

論考。しまじろうと五味太郎など

愛知の実家に帰ってから唖然とした日々が続いていた。 ずっと家にいるからだろう。なにせ寒いし、とりたてていくところがないのだ。 クリスマスに姪っ子にまた絵本でもあげようかと思案していた。 また五味太郎にしようか、などと思う。しかし、どこかで流儀…

空砲が鳴る夜

一年ぶりに姪っ子に会ってきた。3歳なのだった。ごきげんだった。 こどもというものは、どうしてあんなにごきげんなのだろうか、と思う。 もちろん、怒ったり、泣いたり、わがまま言ったり、ぐずったり、あるけれど、それはすぐに過ぎ去り、一日の大半はご…

時間を見せるリュックコミュニケーション

なかなか仲良くならなかったけど、最近やっと近寄ってくるようになった女の子がいた。たしか4歳くらい。名前を読んでも返事もせず下を向いていた子が、あるとき突然、ハイテンションでリュックサックを持ってきた。俺に渡してくる。かわいいリュックだね~と…

気がついたら東京

気がついたら東京にいた。今日あたりから、我に帰った。思えばここ数週間、記憶があいまいだ。少しおかしくなっていたのだろう。だから移動は助かる。今回も、移動により、我にかえることができたようだ。 日常の中に変化を作りだしにくい体質のようだ。つま…

迷うほどのことじゃなかった:Macの英語キーボード

あれは昨年の6月、つまり2013年の6月のことだった。愛用のMacbookPro15がついに壊れた。まえからファンの騒音が止まらなくなり、困っていたらこんどは音がまったくしなくなり(つまり動かなくなり)、それはそれでいいのかもと思っていたら、ついにキーボー…

世界は思ったより進んでいる

ライフハッカーの翻訳をやっていて、楽しいことのひとつに、いろいろな記事を自分でも読める、というのがある。知らなかったことが知れる、そういう単純な喜びが毎日少しづつある。 今日、面白かったのはこのTEDトークだ。 ハンス・ロスリング 最高の統計を…

秘密の暗号は書かれなかった

昨日、数年ぶりに思い出したことがあった。たわいないことだ。小学生のとき、転校してしまう友人と、暗号を作ったことだ。 僕たちはそのとき、そのときといってもおそらく、転校までの数ヶ月くらい、親友だった。名前も顔も思い出せない。なんとなく雰囲気だ…

デジタルノマド、一斉逮捕の衝撃

と、たいそうなタイトルをつけたが、先日、背筋が寒くなることがあった。 チェンマイのコワーキングスペースに移民局の役人たちが突然押しかけて、そこでワーキングしていた西洋人たち(つまりはタイ人以外)を一斉にイミグレまで連行したというのだ。 すわ…

世界はうごめき

世界はうごめきだということがわかってきた気がする。 たとえば、タイで、こんなことを考えてみたりする。 タイで、経済格差がすごく少なくなる未来はあるだろうか。 ご存じのとおり、タイではいま軍事政権だ。クーデターがまだ続いているのだ。 それは、農…

叫ばざるをえないとき

この前、友達4歳の誕生日会に行った。そのときのちょっとしたことから始めよう。はっぴばーすでーの歌が終わってケーキがでてきて。チョコレートケーキとホワイトケーキがあって、それを見た4歳たちが、チョコレートの歌を歌い出した。 幼稚園かどこかで覚え…

花道

夜型のケジメを23時のマクドナルドでとっている。最近ようやく、ギリ午前中で起きられるようになってきた。オフィスにいくと午後だ。昼間に用事があったりすると、閉館の22時になっても仕事が終わっていない。そのツケをポテトとコークで払っている。だが、…

風邪とスラムダンク

1ヶ月ほど続いた寝付き悪い&朝起きられない病が今朝、突然治った。と思ったら、いきなり風邪を引いていた。びっくりした。登校拒否みたいな体だな。いったいどうしろというのか。とにかく、鼻水が止まりません。 1日があっという間に過ぎる病も治らない。1…

タイ人に向かってマイペンライと言えた日

先日、知り合いがオムレツ屋を持っているということで、ヘアカットのついでに訪れてみた。アソークという場所だ。駅からの行き方を聞いて、てくてく歩く。炎天下だ。寝不足の炎天下だから、人にぶつかったりする。タイでは珍しいことだ。珍しくOL風の人にぶ…

道が海みたいになる

タイ人は時間に遅れる、遅れると聴いていたけど、そうでもないな、と思っていたら、いつのまにか自分が時間に遅れる人間になっていた。 昨日、日本人同士の飲み会があったのだが、一時間くらい遅れた。用事があったわけじゃない。ただ、雨が降っていたからだ…

あいつらについて勝手に思っていること

これは偏見なのかもしれないが、いま、タイで僕の周りにいる外国人たちは、なんとなく、うっすらと本国で暮らしづらさを感じている人たちなのじゃないかと、僕は睨んでいる。 これは差別的な物言いになってしまうかもしれないので、そう思ったらあとで削除す…

アンコールワットにいってきた

ビザの更新のために、カンボジアに小旅行してきました。今回はアンコールワットを見に。 アンコールワットは森を抜けていってようやくたどりつける秘境なんだと思っていたけど、空港からツクツクで20分くらいで行っちゃう感じでした。道も完全に整備されてい…

なんだかずっとブログを書きあぐねていました。なんつーか、ネタがない! 旅のはじまりなどは、書きたいことでいっぱいなのに、何も湧いてこない日々です。 先日まで、タイのお正月ソンクラーンでした。街は水浸し、友達と僕は3日間、水浸し。水鉄砲を持って…

闖入者

魚も夜は眠るらしい。今、図書館で飼っているディスカスという観賞魚たちが、身じろぎもせずに眠っているのに気づいた。ついさっきまでくるくると旋回しながら泳いでいたのに。7匹が全員ぷたっと水中で静止している。かわいい。 この魚たちは、朝に顔をだす…

今朝、はじめての雨が振り、コワーキングスペース一帯が停電していた。お向かいのカフェも停電。雨上がりを待ってこそこそと出かけていくと、スタッフたちがろうそくの火でパンを揚げていました。 アメリカ人の友人が、英語の勉強にいいよと言って、コメディ…

インターナショナルスクール

写真は、近所のカフェ。支払い方法が面白い。Honesty Box(正直箱)なる箱が置いてあって(写真左のガラス瓶)、自分が飲み食いした分を勝手に払って帰ってね、という方式だ。 飲み物は一律100B(300円くらい)、パンは一律50Bと、明瞭会計になっているのも…

酒のこととか

昨日はコーヒーの焙煎をしていた。手作りの焙煎機をカフェに寄贈してくれた人がいて、先生からご指導いただいたのだ。手回し式の直火焙煎機だ。くるくると10分回すと、豆がバチバチいってくる。線香花火みたいにパチパチと細かい音がはじけだしたら、あとは…

さっきまでアイスチャイを仕込んでいた。食べものを扱うのは楽しいかもしれない。今日などは、昨日僕が仕込んだアイスチャイを、初めて来たお客さんが、おいしいおいしいと言い、おいしいから作りかたを教えてくれと言われた。マスターから言われたとおりに…

バー巡り再び

写真は、タイ人の友達がみんな好きな酒の飲み方。ビールの上におはしを置いて、そのうえに「ミドリ」という名前の謎のお酒を載せて、テーブルをドンっと叩いて、ミドリをビールの中に落とす。そして、一気に飲み干す。 みんなベロベロになってた。真似しなく…

ジョージ・クルーニー

次は、やさ男の紹介だ。彼はジョージ・クルーニーに似ている。オランダからの登場だ。 初対面は強烈だった。コワーキングスペースのオーナーのエームから、新しく入ったメンバーはナンパのプロだから、takaも教えてもらうといい。といって連れてこられたのが…

怪しい仲間たち2

怪しい仲間たちシリーズ 次は、一年前にもここバンコクのコワーキングスペースで一緒にいた、ドイツ人くんだ。 彼は、怪しくなどない。極めて真面目な男で、堅物といってもいいくらいだ。ただ、タイ人の彼女だけはきっちり作っている。とはいえ、真面目でや…

働かない働き方

最近、働かないで生活するというのが、本格的に可能になってきたようなのだ。さっきまで一緒に、息抜きのカウンターストライクを一緒にやっていた、とあるアメリカ人は、アクセスがかなりあるウェブサイトを運営していて、しかもコンテンツをほぼ自動で生成…

ラオスのビエンチャン~ノンカイ~ウドンタニから飛行機の行き方

写真はラオスのローカルバスの時刻表。 忘れない内に覚書。 ビエンチャンからノンカイまでの行き方。 ビエンチャンのタラートサオと呼ばれるショッピングセンターの道路をはさんだ向かい側に、ローカルバスの停留場がある。緑色のバスで14番がタイとの国境ま…

ラオス再び

二度目のラオスに来ています。今回も行きは寝台列車で。前回と違うのは、今回は連れがいることです。しかも、前回この寝台列車の中で知り合ったブルーノと。彼はバンコクに住んでいるベルギー人で、たまたま同じタイミングでラオスまでタイのVisaをとりに行…

タイ語を習い始めた

ついに、タイ語を習い始めた。前回は半年もタイにいたのにヒトコトも話せなかった。こんどはコワーキングオフィスHubbaでタイ語クラスをやってくれているのだ。そこまでしてもらって、参加しないわけにはいかない。 僕が参加するのは今日で2回めだった。過去…

パンを焼く

なんだかわからないうちに、パンを焼くことになってしまった。今日も朝から生地をしこみ、イーストの発酵をまつ間に、Hubbaで仕事をした。2時間後に戻り、発酵具合をチェック。今朝のバンコクはまた格段に寒く、発酵が思うように進んでいない。日向に放置し…

今日のバンコクは寒い

今朝のバンコクはすごく寒いです。半袖Tシャツの上に長袖Tシャツを重ね着しても、まだ少し寒い感じ。冷たい風が吹いているのです。 昨日、バンコクに非常事態宣言が出されたようです。僕がいるエカマイという地域の雰囲気はいつもかわりません。静かなお天気…

バンコクのデモ

これは、バンコクのデモの様子。デモ隊が大きな交差点を封鎖して、フェスのようなデモ集会を開いています。 炊き出しも行われ、僕が見に行った時には生バンドがライブをやっていて、老若男女が楽しそうに踊っていました。 これを見たときは、デモといっても…

図書館への路

最近、図書館への往路を歩いていくようになった。あまりに運動不足でおかしくなりそうだったからだ。実家の周囲は20年ほど景色が変わってない。なんちゃら保存地区に指定されていて、開発ができないそうだ。10代の僕ならそれを退屈だと感じただろう。でも、…

受験勉強を好きだったはずだが

最近、職場をマクドナルドから図書館に移した。地元に超立派な図書館が新築されていたのだ。いつのまに!この図書館はまさに快適で、ちゃんと「社会人専用」という作業デスクを用意してくれている。席数も全体で30−40くらいあって、まあどっかには座れる。電…

厄祓いで餅を投げる

地元で厄払いの行事に誘われたので行ってきた。これがなかなかよかった。神主さんのお祓いをうけて、やぐらに登る。餅を投げるのだ。下をみたらたくさんの地元の人が集まっていた。こどもたちが奇声を発している。おお、なんだか気分いいな。みんな、僕らが…

これからアノ夏に入っていく

お昼すぎに姪が家に遊びにきた。いつも車の中で寝てくるので、着いたときにはまだボーっとしている。2才児がどのくらいぼーっとするかといえば、それは少し信じがたいくらいだ。大大大好きなバーバ(つまり彼女の祖母)の顔を見ても何ら反応を示さないほど…

存在の確認

昨日、姪が電話をかけてきて、俺に変わって欲しいと言う。電話を変わると、何もいわない。そばについている母親に促されて、僕の名前を呼んではみるものの、こちらの問いかけにも答えなければ、問を発してくることもない。ただ沈黙が流れるだけである。 こう…